家具工房ハンプ/工房だより 日々のこと





info/voice

2016 . 9 . 26





 

ほんと久しぶりの晴れ間がのぞき、南アルプスも顔を出してくれた。
窓も全開にして気持ちよい空気を感じながら
一杯のコーヒーで至福の時間を過ごす。

夕方からは家族で久しぶりの散歩。
中央アルプスを背景にススキも穂が開き
雨続きでも少しずつ秋は深まっている。






2016 . 9 . 17
 








2016 . 9 . 13

 

小布施 M邸

小布施の落ち着いた町並みに調和した佇まいのM邸。
室内に置かれているひとつひとつも簡素ながら上質な空気感をつくりだし
クライアントのライフスタイルが伝わってくるそんなお宅でした。
今回はダイコクさんのご依頼でニッチなスペースに
T-10 SOFAの2人掛けを制作させて頂きました。
そこに置かれた瞬間、ベージュ色のファブリックを選ばれた
意図がはっきりと見えてきました。
見事に溶け込んで、とても落ち着く場所になりそうです。

建築設計施工 : ダイコク








2016 . 9 . 9

 


数年前に購入した貴重な縮み杢の楢材
乾燥も進み、楽しみにしていたテーブルとして制作してみた。
通常の楢材よりかなり硬質で力強くワイルドな雰囲気。
打ち合わせテーブルを入れ替えてしばらく展示場でつかいたい。
鉄脚との相性も良さそうで、想像するとワクワクする。







2016 . 9 . 7

 

山梨県 S社保養所

富士山を望む山麓に位置する建物は
背景を尊重しそこに馴染んで存在していました。
そんな素材感豊かな建物の玄関を開けた位置に
L-4N SIDE BORDを玄関収納として制作させて頂きました。
他の素材と同調して、そっと馴染んでくれれば何よりに思います。


建築設計 : ARBOS







2016 . 9 . 5

  


 

埼玉県 O邸

3年前にTVボードを納めさせて頂いたてから
チェスト、箱スツール、そして今回シングルベット二台と
毎年のように制作をさせていただきました。
こうしてリピート頂けるのは作り手として何より嬉しいことです。

それぞれ納めさせて頂いた順に、いい感じに飴色になっていました。
楢材のゆっくりと変化していく感じが好みです。
それとともにチェストの真鍮ツマミは渋い色合いに落ちつき
すっかり楢材と馴染んでいました。

今回のベットはクライアントのリクエストによるオーダーメイドです。
全貌はご紹介できませんが、今後はHUMPオリジナルのベットも
展開していきたいと思います。







2016 . 9 . 3

 

nomad

朝こうして日陰にいると肌寒くなってきました。
信州の夏は短く、日に日に秋めいてきます。







2016 . 8 . 10



 

岐阜県 W邸

2014年にキッチン、洗面カウンター、ダイニングテーブルなどを
制作させて頂いた岐阜県W邸、ついこないだのような感覚もありますが
竣工から早くも二年半も経ちました。
今回はTVボードを制作させていただきました。

外溝のグリーンも月日が経ち、建物と良く馴染んでいました。
家具の方も、日々の生活のなかで徐々に落ち着きが出てきて
そのなかにも丁寧に使われている様子が伺いしれました。


W邸 : 2014 . 2 . 23





続いて岐阜市のO邸へ撮影に向かいました。





  







  



 

岐阜県 O邸

モルタル左官仕上げ、焼き物、塗り壁、真鍮の金物そして無垢材のキッチン
全ては造られる課程に手間を感じられ
その揺らぎある素材感が全体感を創り上げてくれるのだろう。

キッチンはU型になります。手前リビング側キッチンは
L-4N SIDE BORDのファサードのリクエストから制作させていただきました。
バックボード側、壁を挟んで隣にある洗面カウンターも
同素材の楢材にすることで連続性が感じられます。

今回の材は長野県木曽産の楢材柾目になります。
ふわっとした上品な木味。
材も一期一会ですが、信頼のおける目利きの材木屋さんあっての仕事です。











2016 . 8 . 3

 













2016 . 8 . 2

 

上田市 K邸

先日引き渡しを完了されたばかりの上田市Kさん宅
G-27C DINING TABLEを納品させて頂きました。
ダイコクさんのショールームで使って頂いているダイニングテーブルになります。
住宅計画で多くを取り決める中、それに目を留めて頂きうれしく思います。
これから家族で日々の生活の証を刻んで頂き
お手入しながら味わいあるテーブルに育ててもらえればと思います。

■G-27C DINING TABLE : w1800 d850 h700 / 楢材


建築設計施工 : ダイコク




 

上田市のK邸の納品を終へ、午後からは4月にキッチン等制作させて頂いた佐久市のM邸へ。
ご相談頂いていた掛け時計のお届け。
概案はスケッチ段階からもっていましたが、やはりディテールは
手を動かし、また立ち止まってを繰り返し進めていく作業になる。
小物は小物でまたその難しさがある。
それでも処女作としては満足のいく完成度に持っていけたと思う。

掛け時計 : 楢材ソープフィニッシュ







2016 . 7 . 29

 

滞りなくひとつひとつ制作しております。
もう暫しお待ちくださいませ。






2016 . 7 . 28



   

   




 

東京都 港区 N邸

■T-08 DINING TABLE : w2100 d900 h700
■T-05 CHAIR : 革張り
■CHEST : w1250 d420 h850 / セミオーダー
■TV BORD : w1900 d420 h440 / フルオーダー
■ROUND LOW TABLE : 1000φ h320

今回はすべてウォ-ナット材で制作させていただきました。
ランドスケープデザイナーであるクライアント.
業種は違うといえ、クリエイティブのプロフェッショナルに
目を留めて頂くことは自信にも繋がります。








2016 . 7 . 26




 

ウォールナット材での制作が続きます。
やはりこの素材は唯一無二の存在。










2016 . 7 . 22

 









2016 . 7 . 13



  

  
 

現場は蒸すような暑さ
ひとつひとつの工程を黙々と積み重ねること二日間
すべて取付け完了した時は充実感もひとしお。

全体の完成が楽しみです.









2016 . 7 . 3

 










2016 . 7 . 1

 

今回のキッチンはカンチレバー。
浮遊感がなんともいえない。

まもなく完成です。




back number


2014 : 01〜03  04〜06  07〜09  10〜12
2013 : 01〜03  04〜06  07〜09  10〜12
2012 : 01〜03  04〜06  07〜09  10〜12    
2011 : 01〜03  04〜06  07〜09  10〜12      2016 : 01〜03  04〜06
2010 : 02〜06  07〜08  09〜10  11〜12      2015 : 01〜03  04〜06  07〜09  10〜12