家具工房ハンプ/工房だより 日々のこと





info/voice

2016 . 8 . 10



 

岐阜県 W邸

2014年にキッチン、洗面カウンター、ダイニングテーブルなどを
制作させて頂いた岐阜県W邸、ついこないだのような感覚もありますが
竣工から早くも二年半も経ちました。
今回はTVボードを制作させていただきました。

外溝のグリーンも月日が経ち、建物と良く馴染んでいました。
家具の方も、日々の生活のなかで徐々に落ち着きが出てきて
そのなかにも丁寧に使われている様子が伺いしれました。


W邸 : 2014 . 2 . 23











  







  



 

岐阜県 O邸

モルタル左官仕上げ、焼き物、塗り壁、真鍮の金物そして無垢材のキッチン
全ては造られる課程に手間を感じられ
その揺らぎある素材感が全体感を創り上げてくれるのだろう。

キッチンはU型になります。手前リビング側キッチンは
L-4N SIDE BORDのファサードのリクエストから制作させていただきました。
バックボード側、壁を挟んで隣にある洗面カウンターも
同素材の楢材にすることで連続性が感じられます。

今回の材は長野県木曽産の楢材柾目になります。
ふわっとした上品な木味。
材も一期一会ですが、信頼のおける目利きの材木屋さんあっての仕事です。











2016 . 8 . 3

 













2016 . 8 . 2

 

上田市 K邸

先日引き渡しを完了されたばかりの上田市Kさん宅
G-27C DINING TABLEを納品させて頂きました。
ダイコクさんのショールームで使って頂いているダイニングテーブルになります。
住宅計画で多くを取り決める中、それに目を留めて頂きうれしく思います。
これから家族で日々の生活の証を刻んで頂き
お手入しながら味わいあるテーブルに育ててもらえればと思います。

■G-27C DINING TABLE : w1800 d850 h700 / 楢材


建築設計施工 : ダイコク




 

上田市のK邸の納品を終へ、午後からは4月にキッチン等制作させて頂いた佐久市のM邸へ。
ご相談頂いていた掛け時計のお届け。
概案はスケッチ段階からもっていましたが、やはりディテールは
手を動かし、また立ち止まってを繰り返し進めていく作業になる。
小物は小物でまたその難しさがある。
それでも処女作としては満足のいく完成度に持っていけたと思う。

掛け時計 : 楢材ソープフィニッシュ







2016 . 7 . 29

 

滞りなくひとつひとつ制作しております。
もう暫しお待ちくださいませ。






2016 . 7 . 28



   

   




 

東京都 港区 N邸

■T-08 DINING TABLE : w2100 d900 h700
■T-05 CHAIR : 革張り
■CHEST : w1250 d420 h850 / セミオーダー
■TV BORD : w1900 d420 h440 / フルオーダー
■ROUND LOW TABLE : 1000φ h320

今回はすべてウォ-ナット材で制作させていただきました。
ランドスケープデザイナーであるクライアント.
業種は違うといえ、クリエイティブのプロフェッショナルに
目を留めて頂くことは自信にも繋がります。








2016 . 7 . 26




 

ウォールナット材での制作が続きます。
やはりこの素材は唯一無二の存在。










2016 . 7 . 22

 









2016 . 7 . 13



  

  
 

現場は蒸すような暑さ
ひとつひとつの工程を黙々と積み重ねること二日間
すべて取付け完了した時は充実感もひとしお。

全体の完成が楽しみです.









2016 . 7 . 3

 










2016 . 7 . 1

 

今回のキッチンはカンチレバー。
浮遊感がなんともいえない。

まもなく完成です。









2016 . 6 . 9

 

ついに導入
ドイツの道具はカチッとした使用感が好きだ。
そして潔く上質なデザインのものが多い。
パッケージまでも意欲を高める








2016 . 5 . 29






 

岐阜県 T邸

T邸オーダーテーブル:W1800 D900 H700 / 楢
T-08 ARM CHAIR : 楢・ファブリック
壁飾り : w360 h440

 

新潟県 U邸

R-20 TV BORD(セミオーダー)
W1800 D450 H450 / ウォールナット、ステンレス





2016 . 5 . 15


 

伊那市 Y邸
■AL-1600 TV BORD / 楢材、鉄脚

 

神奈川県 F邸
■T-10 SOFA−2.5 : W1650 D800 H700 SH350 / walnut


 

帰路では御殿場の和菓子屋さんに寄り道。
背景と調和して、とても心地よい場となっていました。









2016 . 5 . 3







 

駒ヶ根市 M邸

自由度のたかい空間のなか
ダイニング家具とTVボードを納めさせて頂きました。
家具を設置するとそれぞれの領域が
現れてきたように思います。

薪ストーブは地元、駒ヶ根に総代理店がある
バーモントキャスティング社のアンコール。
その機関車みたいなどっしりと鎮座した鋳物の黒
それに本革張りのアームチェアーに漆焼き付け鉄脚のTVボード
楢材のなかにそれぞれ深みのある黒が差し色となり
部屋全体が引き締まったように感じます。


建築設計 : 暮らしと建築社










2016 . 4. 26





 

長野市 N邸

オリジナルの新作ソファと今回新しい取り組みの機会を頂き
杉材を使ったローボードを制作させて頂きました。
杉材には広葉樹とはちがった簡素な風合いのなかに
どこか品の良さを持ち合わせているように思う。
ソファの背面にある建具のように
経年したその控えめの素朴な姿が杉材の最大の魅力だ。
ローボードは10年経ったものと比べて見たとき
その初々しさが前に出て少し主張する姿は否めない。
それでも少しずつ経年変化してその建具のような
空気感をかもし出してくれるだろう。



建築設計施工 : ダイコク  










2016 . 4 . 9






  






 


佐久市 M邸

ダイニングはウォールナット材でキッチンはチェリー材。
近くにあるがその材種の違いにまったく違和感はない。
テーブルとキッチン、一部に同じ要素を持たせたこともあるが
やはり一番は無垢の質感が互いの協調性を持たせてくれるのだろう。

無垢の家具と「家具としてのキッチン」
やはり相性はいいです。


建築設計 : studio aula







 


同じく佐久市で2013年にダイニングをはじめ
キッチンを制作させて頂いたOさんからのご注文
新入学のお子さんにデスクを制作させて頂きました。
デスクを設置するとさっそくデスクの下に潜りこんでいました。
やはり自分の場所ができて嬉しいのですね。

■DESK1200 / チェリー

2013.11.29
 O邸キッチン、ダイニング







back number


2014 : 01〜03  04〜06  07〜09  10〜12
2013 : 01〜03  04〜06  07〜09  10〜12
2012 : 01〜03  04〜06  07〜09  10〜12    
2011 : 01〜03  04〜06  07〜09  10〜12      2016 : 01〜03 
2010 : 02〜06  07〜08  09〜10  11〜12      2015 : 01〜03  04〜06  07〜09  10〜12